子供の発達障害、学習障害(LD/ADHD)、子供の潜在能力を引き出すキネシオロジー

ブログ
Blog

胎児の発達段階からの「原始反射と脳幹」調節は発達障害、学習障害に効果的!

2016/02/15

【胎児の発達段階からの「原始反射と脳幹」調節】

 

原始反射は

私達の知覚機能、コーディネーションやバランス、運動機能、学習能力をはじめ、性格的な要素など

根本的なところを形成していく重要な発達段階のプロセスです。

 

原始反射がきちんと発生していなかったり、

統合ができてなかったり

きちんと止まっていなかったりすると、

その原始反射がきちんと機能しないだけでなく、

次の原始反射の発達の妨げになります。

 

その結果、さまざまな領域に影響がでてきます。

学習障害もその一つです。

 

去年、ヒューゴ・トバーの「原始反射の脳幹1&2」の講座を習得し、原始反射が脳神経の深い部分で調整できるようになりました。

今年1月に、その3を受講しました。

これが、本当に素晴らしく、

更に奥深く、原始反射を細胞レベルまで細分化しての調整のうえ、

受精後胎児からの発達段階を細胞分割までさかのぼって、内臓、神経機能の発達も合わせて調整できるようになりました。 :-) 

 

一番最初の「恐怖マヒ反射」も胎児からの発達段階で調整できるようになりました。

既に、効果がセッションで見受けられています。

 

 

 

Early-Embryonic-Development

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*は必須事項です





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

キネシオロジーアカデミー LEAP ブログ